ご来店のご予約 0120-84-3198
営業時間 / 午前9:00~午後4:00 定休日 / 毎週水曜日,日曜日
TOKOITE(トコイテ)

ゆざわ商事のブログです。「トコイテ」はゆざわの方言です。意味は「なんちゃって」。

2022年8月の記事

最新 | 1  | 2  | 最初   次のページ>>

2022年8月11日 [木曜日]

ラーメンあおきや 喜多町店

とあるお休み。久しぶりのラーメン屋さんへ行って参りました~


 


【ラーメンあおきや 喜多町店】

地図を見る

リニューアルオープンをする前はよく行ってましたがリニューアルオープンしてからは初めて。
 
きれーな外観です。
まずは券売機で食べたい物を選択。
ラーメン
チャーシューメン
餃子
のみでシンプルです。
 
店内は広々とし、窓が大きく明るく温かい印象!
平日の15時すぎという中途半端な時間だったにも関わらず続々と人が来店していました。
【チャーシューメン】と【ラーメン】ん~美味しそう。
 
この日はお腹の調子が悪かった為、残すかもしれないと言っていたのですがいざ目の前に運ばれてきたら鳴りだすお腹。。。
 
久しぶりの生姜醤油ラーメンに食欲がドカンと湧きました。
生姜醤油ラーメンと言えばの【青島食堂】を思い出します。
 
中太のツルツル麺。
あっさりと優しく生姜のきいたスープ。二日酔いになったときはこのスープによく助けられていました
 
ラーメンなのにお腹に優しそうに感じるのはなぜなのでしょう?
お連れさんは朝、昼、晩、ラーメンを食べているような生粋のラーメン好き。
 
数年ぶりのあおきやさんは物足りなさがあったようで、一口スープをのみ「こんなにあっさりしてたっけ?」と言い、テーブルにあるラーメンのたれを信じられないくらいドバドバ入れていました。。。
 
が、私にはこの優しい味がとてもちょうど良く美味しく完食しました!
 
 
その後映画館で大好きな【ミニオン】も見れてとっても大満足!!
 
あおきやさんご馳走様でした♪
P.S
最近のお気に入り
 
ガツンとくるココナッツの味と優しいミルクの甘さがとても夏を感じる!美味しいです!
 
 
海月


2022年8月9日 [火曜日]

子ども船長体験

子どもが学校から「子供船長体験」なるチラシを貰ってきました。


 


奥只見湖にある遊覧船に県内の小学生以下は無料で乗船でき、さらに船長体験までさせてもらえるというイベント。

地図を見る

早速、7月最終日に息子の友達も連れて行ってきました。
 
湯沢に住んで20年近く。
奥只見がどんな場所かはわかっていたものの、行くチャンスに恵まれませんでした。
 
相当トンネルが長いという下知識のみで向かいます。
 
魚沼市小出から奥只見シルバーラインに入ると、早速トンネルに入ります。
 
が、一向にトンネルを抜ける気配がありません。
それもそのはず、シルバーラインは約22キロの道のりの内、まさかの18キロがトンネル!!
 
途中の看板には「次の空まで6キロ」などと書かれています。
途中で気持ち悪くなってくるほどでしたが、引き返すことも出来ませんww
 
青い空が見えた時には本当にホッとしました。
この日は暑いくらいの快晴でしたが、奥只見は風が吹いていて涼しく快適です。
 
この壮大なダムを見るだけでトンネルの疲れが吹っ飛びます!
 
実は、トンネルの途中で次男に「おしっこ!」とか言われなくて良かったという安堵のほうが強かったのですがww
お土産を買ったり、飲食が出来るお店が2店舗あります。
 
11時半過ぎに到着し、12時半の乗船を行うまでにまずは腹ごしらえ。
 
こういったお店では定番のカレーとラーメンを注文しましたが、あなどるなかれ、このラーメンの美味いこと!
 
オイスターソースの甘みも感じるオーソドックスなラーメンですが、ものすごく美味い!
 
むしろ、こういうラーメンが良いんです!
楽しく会話をしながら腹を満たしていたら、12時半の乗船に間に合いませんでした。。
 
まぁ、子供がいればそんなことも当たり前。
 
スロープカーに乗って湖を目指します。
 
降車後はトンボやバッタなどを捕まえたりしながら自然を満喫。


13時半の遊覧船に乗船します。
子供達が遊覧船を少しだけ運転させて貰えるものと思っていましたが、乗務員さんからのクイズや船内に隠されたチェックポイントでクイズを紙に書き込んだり、ハンコを押したりしながら40分の遊覧タイムというものでした。
 
それでも子供達には楽しい時間のようで、3人で賑やかに過ごし、大人はしばしゆったりした時間が過ごせました。
 
メモ帳などのお土産や缶バッジも頂き、特に次男は大喜び。
 
船を後にして奥只見湖を学ぶ為に電力館へ行きますが、電力館前にオタマジャクシが沢山いる池や館内にある自転車で電気を起こすコーナーなどを行ったり来たり。
2時間近くここで遊んでいて、一切学習なし。。
 
終始楽しそうだったので、これもこれで良しとします。
 
夕方となり、帰宅する時間です。
 
子供達3人の会話から「あぁ!楽しかった!行ってよかった!!」との言葉を頂き、連れて行って良かったなと癒されながら帰りました。
 
8月末まで県内の子供たちは無料のようですし、県外の方にもオススメのスポットですので、ぜひ行かれてみてください。
 
脂肉


2022年8月7日 [日曜日]

小学5年生のマセ男達マセラッティ

8月に入り、夏も残すところ半月ほどに・・・


 


夏休みに夏らしい事を全然できていないのですが、我が家のマセ男達はお祭りデートや映画館デート等、仲間内で楽しんでいる様子でした。


 


子どもが小学5年生にもなると親の介入がウザったく感じる年頃なのかも・・・


 


と寂しさ残る夏中盤。

昨日、湯沢町では8月6日に行われますハチロクゆかた祭りが開催されました。
第14回と言う事なので、歴史あるお祭りとなってきています。
浴衣を着てお祭りに行こう!がコンセプトのこのイベントでは浴衣での来場特典で抽選会を楽しめます。(料金:大人100円 子ども10円)
 
このお楽しみ抽選会では空くじなし!との事で、地元の企業、旅館などからの協賛も沢山あり、ペア宿泊券などの豪華景品多数の抽選会となっております。
間違いなく浴衣での来場がおすすめではありますが、今年は浴衣でない方も時間指定にてお楽しみ抽選会に参加できることになってました。
 
プログラムによりますと午前11時~21時までライブやダンス等様々なステージライブを楽しめました。
 
飲食の出店も盛りだくさんでとても良いイベントです。湯沢町の夏祭りはお盆に開催されるのですが、毎年このハチロクゆかた祭りも夏の定番お祭りになってきていると思います。
現に、湯沢学園の子ども達(我が子)はお盆に開催の湯沢祭りの約束よりハチロクゆかた祭りの約束を彼女としてきました。
 
小学5年生で彼女と二人でお祭りに行くって決めてきた事が親としてはとても嬉しかったです。しかも「当日は浴衣で行く」って言い出したので、すぐにネットでポチッ。
 
急遽用意となったため、色の選択肢はなかったのですが、我が子達が「浴衣着てお祭りデートをする」って言い出したので嬉しさのあまりにすぐにポチッと。
昨日8月6日。
ハチロクゆかた祭り当日。我が子達の浴衣姿を眺めながらお見送り。でも彼女と一緒に歩いている姿も見てみたい一心で、お忍びで妻と見に行ってきました。
 
前夜までは「パパもハチロク行こうかなー」と言うと「マジで絶対来ないで!!」と我が子達は断固拒否。
「わかった。行かない。その代わりインスタントカメラで写真撮ってきて」と伝えるも、「ツーショットは無理」とこれも断固拒否。
 
結局は明るい時間帯のうちは二人で歩いている所を呼び止めてまで写真を撮らせてもらいました。
 
気づけば彼女とお揃いの腕につける光る時計なんかちゃっかししていて、親のこっちが照れました。
我が子の双子の片方の彼女はイベントで雪雷(ゆきおろし)太鼓に出るとの事で「オレはその和太鼓ライブを見に行く」だの「オレは一緒にかき氷買って食べる」だの行く前から当日の予定を入念にチェックする姿もまた良きものでした。
 
双子の双方で競い合っているかのような光景ですが、あくまで別々の彼女のエスコートなんだから、気にしなくていいじゃん。と言って聞かせていました。
「お祭り後の彼女の家に送り届けるまでが男の責任だぞ!」と言って聞かせ、自分も昔を色々と思い出させられました。
彼女の家に送り届けた後、独りの帰路。この独りの帰路がまた何とも言えない思い出の時間になる事も我が子達に言って聞かせました。「その日の楽しかった事や、これ失敗だったかなぁとか、次のデートはどこに行こうか」など考えながら独りの帰路を楽しんだ事も昔の思い出となっています。
 
・・・が、昨日は終盤になり雨が強くなってきてしまい、結局車で帰ることになりました。とても楽しかったようで、人生最初のお祭りデートは成功ってことでなによりでした。
子ども達の夏休みもあと半分。
ラジオ体操にサッカーの自主トレ、自学、夏休みの課題、自由研究、友達との約束、彼女との予定。その他諸々と・・・
何にせよ、これからもっと色々な出会い、経験を重ねていくであろう我が子に心の中でエールを送った今日この頃でした。
 
 
 
 
ザキT


2022年8月5日 [金曜日]

☆四国旅行 前編☆

先日お休みをいただきまして


人生初となる四国へ行ってきました


 3泊4日


羽田ー松山


愛媛、高知、香川と移動し


高松ー羽田


 


今回は前2日の旅の模様をお届けしますw

このたびの旅行は両親の『金婚式のお祝い』で企画したものでした☆
両親・私&妹家族 計8名
行き先、したい事、見たいもの等 意見を出し合い3世代楽しめるプランを立てます
 
妹は全都道府県 旅行経験者の強者!!
はじめに妹と私で行きたい場所、行き先を決定
みんなに行きたい場所、したい事を聞いて
妹がそれをabcと3パターンほどプランニング、そして多数決をとり決まります
その後、予約、手配、食事処調査などは全て妹が行います
ツアコン並な仕事ぶりですw
 
いざっ 四国の旅へ~
 
久しぶりの飛行機です✈️
当日、湯沢始発で東京へ向かいました
羽田で妹家族と合流
そしてぴゅ~んとあっという間に四国へ
 
どちら側の窓から富士山が見えるかな~
残念ながら妹側でした。。。
 
 
11:00前に愛媛到着


これこれ♪
そう、愛媛といえば?で浮かんだのものは「蛇口からみかん」
都市伝説、愛媛は蛇口ひねるとみかんジュースがでてくる!w
この都市伝説を再現してくれてるところが数カ所あるそうで、まずは空港で
 
娘さん嬉しそう〜
そりゃ夢のような話ですw
 
 蛇口みかんも素晴らしいのですが、
飛行機降りてきた乗客全員にみかんジュースのプレゼント!
「愛媛産には愛がある」
と書かれたキャッチフレーズのとおり愛を感じましたw
ありがとうございます
空港で予約していたレンタカーを借り出発です
4日間お世話になる8人のっても余裕のあるTOYOTAハイエースワゴン グランドキャビン
ゆったりしていて道中最高でした!!
 
まずはランチへ
「元祖宇和島 鯛めし」やさんへ(「元祖」に弱いんですw
これが鯛めしなんですね~
てっきり炊き込みかとおもってましたw
 
「鯛めし」は2種類あるんですって!
今治市(東予)や松山市北条(中予)で食べられるのは鯛を丸ごと一匹、
土鍋や釜に入れて炊き込んだ鯛めし
私が想像していたものです
そして今回は宇和島市(南予)の「鯛めし」
鯛の刺身を特製のタレにつけ込み、薬味といっしょに混ぜたものを
ご飯の上にかけて食べる漁師料理だとか
地方色が溢れた異なる料理、興味深いです〜
 
お料理くるまで乾杯しましょ、と
道後地ビール「ケルシュ」「ヴァイツェン」をそれぞれチョイス
私はどうしても気になり「みかんビール」を
メニューにあったら気になりません?みかんビールw
気にはなるもののそんなに期待はせずに乾杯!
一口、アレ美味しい?もう一口、いやいゃむしろ好き!ねーこれ美味しい!wって大騒ぎ
レッドアイとおんなじ感じかなー
それより新しい発見で美味しく感じました♡
 
その後、松山城を散策
たまたま居合わせた地元のおばあちゃんが熱心にガイドくださいました〜
 
夏日の天候の中たくさん歩き汗だく、早めに本日のお宿へ
お風呂の前にラウンジへ
そこで見つけたトルネードディスペンサーとかいうセルフで飲めるビールサーバー♪
セットしたジョッキ下からビールが注がれるというもの
手軽さと楽しさでつい飲んでしまいます
w

19時にお願いしたお夕飯まで各々自由行動

松山の市街地に出る、ホテルで温泉三昧それぞれ好きな事をし19時に集合

個室で我々家族だけの小宴会

地のものを美味しいいただきました

 

その後日本最古といわれる道後温泉のシンボルで

「神の湯」に代表される道後温泉本館のお風呂が最終22時に予約が取れたというので

行くもの、行かないものw 自由です

翌日、ホテルにて朝食後
レンタカーに乗り込み西南へ南下
目指すは四万十川
清流四万十川でのカヌー体験が本日のメインです
 
ガイドさんのレクチャーを受け、初カヌー☆
特に難しい事はなく、みんな習得です
豊かな川で手長エビや小魚、そして野生?の鯉など生き物いっぱいでした
 
川の水も冷たくなくて夏の日差しが気持ちのいい気候で、穏やかな流れに身を任せてお昼寝でもしたい気分でした
 
ガイドさんの話を聞きながら3キロっていったかな、下った沈下橋まで行きます
沈下橋とは堤外地に設けられる橋で洪水時には橋面が水面下になる橋のこと
四万十川は大雨が降ると水かさが増して水面下になる沈下橋が幾つもかかってるそうです

 

そんな沈下橋で撮影

絵になりますw

ホテルへ移動、温泉後、四万十川の幸をいただきました
 
 
松山と違い、静かな大自然の中のホテル
この日は孫とジジババとお部屋で持ってきた花がるたやカードゲームで遊んで
早めに就寝、翌日に控えます…
 
 
次回は後編をご紹介しますね
 
とちこ


2022年8月3日 [水曜日]

2022/08/03

先月、新宿で用事があった為、実家に泊っておりました。


 


珍しく母が「ラーメンが食べたい」(本当に珍しいことです。)というので、ラーメン屋さんへ行くことに。


 


家から徒歩20分程の距離でしたが、車生活に慣れてしまった私が歩くことを断固拒否…


駐車場の心配をしながら車で向かいました。


 


目指すラーメン屋は隣町にある「ラーメン雪ぐに」さん。


 


お店のHP

地図を見る

レンガ調の建物で、住宅街の中で黄色い「ラーメン」の看板が目を引くシンプルなお店です。
 
お店のある「中田」という町は、昔ながらのプールや公園などがあり、幼いころは自転車でよく遊びに行きました。
車がすれ違うのもやっとなほど住宅が密集しており、「中田迷路」と呼ばれているとかいないとか…
 
どこか懐かしさを感じる素敵な町です。
 
母曰く、最近移転してできたお店だそうで、仕事帰りに毎日行列ができているのが見え、気になっていたとのこと。
この日はラッキーなことにほぼ並び無しで入店できました。
店内入ると食券の購入を促されます。
 
食券購入

待合室で待機

着席・食券提出
 
といった流れ。
 
とりあえず2人分の食券を購入します。迷いましたが、パッと見て気になってしまったので「甘エビ味噌ラーメン」をプッシュ。さらに店主さんが「ライス」を推しているので、家系に毒された僕は「小ライス」も購入。
 
…またザキTさんに「ラーメンとご飯はありえない。」と言われてしまいそうです。
 
母は保守派なので定番の「味噌ラーメン」をチョイス。失敗したくない性格が出ております。
定番と言いましたが、こちらのお店では味噌ラーメンが名物。
なんでも店主の方が妙高市のご出身だそうです。
使用している食材も地元由来のもので、かなりのこだわりを感じられます。詳しくはお店のHPをご覧ください。
 
新潟というワードに親近感を覚えつつ、待合室へ。
ベイスターズのファンらしく、待合室には選手のユニフォームやサインボールが飾ってあります。でも、ちょっと時代を感じる背番号が並んでいるのは気のせいでしょうか。。。
 
また、麺は自家製!(ここ大事です!)
待合室からは製麺室を覗くことができます。
また、お店に来た方のサインも多く残っております。
「毎日ラーメン健康生活」でおなじみのYouTuberをはじめ、「はぁ~いフジタでェ~す!」でおなじみFMヨコハマのフジタくんまで。
 
わくわくしてきました。
カウンター席に案内され、ほどなく着丼。
 
「甘エビ味噌ラーメン」
 
見るからに濃厚そうなスープです。甘エビを丸ごと使用した贅沢なラーメン。
実はトッピングもカスタマイズできるようです。(ネギマシ等)
 
具はひき肉、玉ねぎ、もやし、チャーシュー。
個人的には玉ねぎがいい甘さを出していてかなり好ポイントでした。
 
スープも唐辛子とニンニクの効いたパンチのある特濃スープで、エビの香りがふわっと香ります。
 
エビ系ラーメンの「エビの殻がザラザラと残る感覚」が非常に苦手なのですが、こちらはあまりそれを感じず、非常においしくいただけました。
気になる自家製麺はコシのある激ちぢれ!
スープを味噌ごと持ち上げてくれそう。のど越しも良く、ズルズルとすする感触が溜まりません。
 
チャーシューは低温調理されたモモ肉。しっとり柔らか。
 
ライスも店主さんの親戚の方が作っている特Aランクのコシヒカリ!味噌ラーメンによく合います。
こちらは母の「味噌ラーメン」
 
スープを1口いただきましたが「甘エビ味噌」よりおいしいかも…笑
結局シンプルなものが一番という事でしょうか。
 
店主さんも積極的にホールに出てきて、とても印象が良かったです。
とってもおいしい一杯をいただきました。次回は父も連れていきたいです。
ご馳走様でした!
 
 
やとし


最新 | 1  | 2  | 最初   次のページ>>


カレンダー

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2022年8月のTOKOITE

カテゴリ~

投稿者

過去の記事

福わらい