ご利用案内

サイト内検索

おすすめコンテンツcheck!!

ゆざわの今昔 懐昔ゆざわ

不動産の税金ご利用案内

不動産をもっているときの税金(固定資産税)

固定資産税とは

土地や家屋をもっているとかかる税金で、もっているあいだ毎年かかるのが特徴です。税金を納める人は、毎年1月1日現在の所有者です。

計算方法

この税金の計算は、次の算式によります。

不動産の価額(固定資産税評価額)×税率=税額

ここでいう「不動産の価額」とは、固定資産税評価額をいいます。
各市町村によって異なる場合がありますが、標準税率は100分の1.4です。

固定資産税の特例

住宅用地の軽減措置

一定の要件を満たした住宅の敷地の用に供されている土地を「住宅用地」といい、軽減措置があります。
住宅用地のうち200m2以下の部分を「小規模住宅用地」といいますが、この小規模住宅用地については、固定資産税評価額の6分の1が課税標準となっていますので、固定資産税は通常の6分の1に軽減されます。
また、住宅用地のうち200m2を超える部分を「一般住宅用地」といいますが、この一般住宅用地については、固定資産税評価額の3分の1が課税標準となっていますので、固定資産税は3分の1に軽減されます。

新築住宅の軽減制度

平成25年3月31日までに新築された一定の要件を満たした住宅については、3年間(地上3以上の中高層耐火建築物については5年間)にわたって、固定資産税が2分の1に軽減されます。

※軽減税率適用要件の詳細に関しては弊社担当にお問合せ下さい。

前のページへ 次のページへ
【↑】このページの先頭部分まで戻ります。