ご来店のご予約 0120-84-3198
営業時間 / 午前9:00~午後4:00 定休日 / 毎週水曜日,日曜日
TOKOITE(トコイテ)

ゆざわ商事のブログです。「トコイテ」はゆざわの方言です。意味は「なんちゃって」。

2022年7月の記事

最新 | 1  | 最初 

2022年7月3日 [日曜日]

最近食べたラーメン

最近食べたラーメンのお話です。


食レポはあまり得意ではございませんが、私のiphoneにラーメンの写真が溜まってきたので投下致します。

「手打 焔 手綱スペシャル」
 
大学生のころ、かなりの頻度で二郎系ラーメンを食べていました。近所に某人気監獄系インスパイアラーメン店があった影響もあるのかもしれません。
 
こちらのラーメンは宅麺.comにて注文しました。まとめて頼まないと送料がもったいないので、脂肉課長がまとめて注文してくださりました!
脂肉課長と二郎系ラーメンの旅に行きたいです!
低加水・太ちぢれ麺・微乳化。
ワシワシとした食べ応えのある麺と、カエシがガツンと効いたしょっぱくも、甘みのあるスープがよくマッチしています。
 
ぶりぶりのブタもホロホロでした。個人的には背脂がスープにあ言っているのが嬉しかったです。
 
余ったスープはご飯を入れていただきました。お店ではできないような食べ方もできるのが宅麺のいいところですね!
「どさん子 塩沢17号店 辛魚介味噌ラーメン」
 
ザキTさんがもうプッシュしていた塩どさの「魚介塩ラーメン」。とてもおいしそうだったので、食べに行きました!
 
…が、アホの私は誤って「魚介味噌」を頼んでしまいました…
途中まで「塩ラーメンぽくないな?」なんて思いながら食べていたのが自分でも信じられません。
ラーメンの上に乗った、野菜・ネギ・食べるラー油的なものが最高!
このトッピングだけお代わりしたぐらいです。お酒のおつまみにもなりそうです。
 
麺ももちもち。とてもおいしくいただきましたが、「塩」の方が絶対合う。次回必ずリベンジします!
「らーめんヒグマ 塩沢店 塩チャーシュー麺」
 
塩沢のヒグマでは醤油ラーメンしか頼んだことがございませんでした。いわゆる生姜醤油ラーメンなのですが、かなりしょっぱめで、疲れた時などに無性に食べたくなりますね。
 
こちらもザキTチョイスです。
「塩もおいしい」「チャーシュー麺じゃなきゃダメ」という言葉を信じて注文。
うん、おいしいです!
塩ラーメンでも相変わらずのしょっぱさ。そしてベースは違えどスープに溶け込んだ生姜の香りが塩だとより一層感じられる気がします。
 
確かに、チャーシュー麺でなければ少しパンチが足りなかった気がします。
山盛りのチャーシューで脂の量と豚の旨味が増して、コクが出てます。
 
お昼時でしたので店内は混み合っておりましたが、着丼するや否やあっという間に完食。これはリピします。
いろんなラーメンがあって、飽きることがありません。
お店にも様々なメニューがあるので、次々と気になるラーメンが現れます。毎日ラーメン健康生活とまでは言わないまでも、たまの贅沢ラーメン生活もいいかもしれません。
 
今後もいろんなラーメンを食べに行きたいと思います。
 
※写真は先日脂肉課長が連れて行ってくれたタケノコ採りでの景色です!岩原が一望できます。ものすごくしんどかったですが、タケノコを見つけた時の喜びはひとしおです。今年はもうチャンスはなさそうですが、来年も行きたいです!
 
 
ひうし


2022年7月1日 [金曜日]

AUBERGE ANDRA MONTAGNE

先月、東京の友人に誘われ隣町の石打にあるオーベルジュでディナーを楽しみました♪


何年振りかな、、、


実はこちらのお店は火事で全焼しこの建物が2軒目。 以前一度伺ったのは旧建物でしたのである意味、今回が初訪問です。


 


オーベルジュ アンドラ モンターニュ

地図を見る

外観のイメージは以前と同様、オレンジが目を引きますが、山の緑と相性が良いです。
19時スタートのディナーですが昨日は夏至、まだまだ外が明るくてワクワクします。
今日は平日、他のお客様は無く贅沢に貸切りです。
暖炉やカウンターもあり、宿泊するなら店主のくまさんとお話ししながら深酒してしまいそうな心地よさを感じます。
テーブルにセットされたナプキンにMONTAGNEのイニシャル『M』が金糸刺繍されています。
mつながり、なんだか嬉しいです。
さて、いよいよ宴の始まり♪
乾杯は泡で、男性陣はビールがチェイサー(笑)
ピンクが使われた可愛らしいボトルのbrutrose、友人のお気に入りです。
ワインクーラーは実用性のあるタイプ、安定感がありスケルトンで涼し気。 ボトルを入れると氷がすんなり上に乗る優れもの、やはり日本製ですって。
隣のテーブルに置かれた本日のメニュー、店主くまさんの手書きです。
 
アミューズから『ガスパチョ』
運ばれたタイミングからお野菜の優しい香りが広がります。
冷製なのに香りが強いのは新鮮な証拠です!
オーストリアのオードブル
『リプタウアー ロッゲンブロート添』
珍しいお料理ですが、手軽に作れそう、今度チャレンジしてみようかな。
添えられた人参は数種類が千切りれにされています、凝っていますね。
 
『ブロッコリーのグリエ』
シンプルで美味しい一品、意外にこんなメニューが安心したりします。
『広島 健牡蠣の中華饅頭』
斬新な一品、中華です!
失敗なのは断面を撮影し忘れた事。
大振りの牡蠣に万願寺唐辛子や茄子などが入ったジューシーで熱々の一品。
 
『扇一のます寿司』
ほー、これまたくまさんらしい一品!
富山の名産、鱒ずしでもっか人気店の品に一手間。
チーズとオリーブオイル、あい鱒♪
『徳島の村さんの釣ったスズキノムニエル』
季節のオクラと茄子が添えられ、ベースの上品なスープと共に頂きます。
 
『フランス産フォアグラのボカレ トリュフ入りブリオッシュと共に』
あぁ~、酒飲みにはたまらないぃ~
ワインがすすみます♪
 
 
 
バターをたっぷり使われたブリオッシュ、ふんわり柔らかくて美味しかった。
通常よりあっさり作られていてフォアグラとも相性が良かったです。
 
『フランス・シャロレ仔牛のフリカッセ』
うん、こちらも美味しい
もしかしたら若い頃だと物足りなく感じていたかもしれない味付けなのですが、素材の良さを邪魔しない絶妙な塩味がとても良かった。
楽しい時間はあっという間
食事・お酒・会話・環境、全て充実した宴となりました。
 
『高柳の木村さんの育てたコシヒカリのおむすび』
好みでフキ味噌をぬって頂きます。
この春から店先にフキノトウが芽吹くようになったと喜んでいました、当然自家製です。
デザートに『山形・天童・片桐さんの紅玉のクーヘン』をツマミにシュナップスで〆ます!
店主のくまさんも楽しそうに我々吞兵衛に付き合ってくれます。
食材の事やお酒を仕入れる旅の話を聞かせてくれるくまさん、宿泊で予約したい気もしますが、、、
その際は果たして寝ることが出来るのか、、、
 
旅行気分で楽しい晩となりました、誘ってくれたJ夫妻ありがとね~♪
 


カレンダー

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2022年7月のTOKOITE

カテゴリ~

投稿者

過去の記事

福わらい