ご来店のご予約 0120-84-3198
営業時間 / 午前9:00~午後4:00 定休日 / 毎週水曜日,日曜日
TOKOITE(トコイテ)

ゆざわ商事のブログです。「トコイテ」はゆざわの方言です。意味は「なんちゃって」。

2023年9月の記事

<<前のページ  最新 | 1  | 2  | 3  | 最初   次のページ>>

2023年9月19日 [火曜日]

一品楼 再訪

先日、息子の親善陸上大会が塩沢小学校で行われました。


 


完全インドア派の長男が初めて自ら立候補して幅跳びに出るとのことで休みを頂いて見に行ってきました。


 


結果は。。


でも引っ込み思案な長男が立候補する勇気を持つことが出来ただけでも大収穫でした。


 


最終の男子選抜リレーでは湯沢小が優勝!


やっぱりリレーは花形で盛り上がりますが、優勝ともなると格別ですね!

地図を見る

その帰りに妻とラーメンを食べてきました。
 
餡かけ系が食べたいという妻を、以前に行って美味しかった一品楼さんへ連れていくことにしました。
ザ・町中華という佇まい。
 
餃子、ピータンで1杯やれたら最高だろうな!と思いつつ、帰宅してからもやる事が沢山あるので、泣く泣く我慢です。
待つこと5分ほどで五目ラーメンの着丼。
 
お父さんが炒め物、息子さんが麺茹でなどを分担して調理しますので、提供までが早いのも嬉しい点です。
 
暖かみのあるビビットで写真を撮ってみましたが、反対に美味しそうには映っていないのが大変申し訳ないのですが、野菜はシャキシャキ、トロミも強めですが全トロではなく、下の醤油スープが美味しく、餡と絡めるとより一層美味しいんです。
こちらは僕のサンラーメン。
 
スーラータンメンの塩バージョンですが、とってもトロミが強く、恐ろしいほどにアッツアツ。
かかっているラー油の辛味も伴って汗が吹き出しますが、これが嬉しい!
 
口の中を火傷しないようにしつつ、フーフーしたら負けだと思っているので、一気にかきこみます。
 
あまりに美味しく、スープも9割がた頂いて完食。
こちらは、数年前に一人で行ったときのエビラーメンです。
 
この時も冬でしたが、汗だくで食べました。
 
次回は餡かけ以外も食べてみたいと思いますが、餡かけ系を食べるならば、絶対にオススメのお店ですし、この先もずっと残って欲しいお店です。


また近いうちに伺いたいと思います。
ごちそうさまでした。


脂肉


2023年9月17日 [日曜日]

大崎八海山そば松よし寺尾店

少し秋の気配を感じるこの頃、、、


稲穂も首を垂れはじめ、新米にワクワクです♪

地図を見る

今日は以前から気になっていたお蕎麦屋さんをご紹介。
大崎八海山  そば松よし 寺尾店
新潟県南魚沼市寺尾1180-1
025-788-1250
火曜定休
11:00~14:00
17:00~21:00
国道17号線沿いで分かりやすい立地、基幹病院などの道中気になっておりましたが今回が初訪問!
お昼時、満席で少し待ちましたが眺めの良い席に案内されました。
お庭の先には田んぼと山並みが見えます。
さて、何を食べようか、、
お蕎麦のほかにご飯ものも多くラインナップしています。
「洋風かつ丼」とは何者か!?
凄く気になりましたがチャレンジする気にまではなれず、、
外は熱いのでビールに惹かれますが、グッと我慢。
今日は母の携帯の機種変更でした。
母のリクエストでお蕎麦が食べたいと言うのでこちらのお店を選択したのですが、ど天然の母は平気でリクエストを忘れ違うものをオーダーする人です。
今日もやらかすかと思いきや、、
冷たい「ごぼう天蕎麦」とトッピングに「とろろ」をオーダー
私は「野菜天ざる蕎麦」
 
エッジの効いた蕎麦は山ゴボウと布海苔がつなぎでしょう。
ツルっとはしていますが固めの蕎麦なので、歯の弱いお年寄りには食べ応えがあるかも。
母は攻撃的なゴボウの天ぷらと闘いながら一生懸命に食べていました。
綺麗に盛られた野菜天、サクッと揚がっています。
 
シッカリした蕎麦は瑞々しくて綺麗です。
 
ワシワシ食べてお腹一杯です、ご馳走様でした。
 
mのオカンです。
ド天然振りに驚かされる事が多いのですが、憎めないキャラです。
いつも笑顔でいられますように、長生きして下さいませ。
 


2023年9月15日 [金曜日]

片貝花火

朝晩の気温がぐっと下がり、秋の訪れを感じます。


 


先週のお休みに片貝まつりの花火大会に行ってきました。

初めて参加する花火大会です。
 
午後4時ごろに現地へ到着しましたが、IC付近や、打ち上げ場所近辺は非常に混雑しておりました。


駐車できる場所はかなりたくさんあるので、適切な時間に来れば駐車場に困ることはなさそうです。
 
打ち上げ場所から徒歩2,30分のところに車を停め、屋台が出ている浅原神社付近まで歩きました。
神社に近づくにつれ人と車の量が増えていきます。
人混みが苦手な我々は、雰囲気とノンアルコールビールだけ味わって車まで戻ります。
 
おつまみ類は途中のローソンで買い込んできました。
 
この時点で夕方18時ごろ。
打ち上げ開始迄1時間半もある為、おにぎりやおやつを食べながら車でゴロゴロしていました。
7:30
いよいよ打ち上げ開始です。
今回は一眼レフを持ち出して初めての花火撮影に挑んでみました。
 
インターネットで花火の撮影方法をいろいろ探してみて、手探りで撮影スタート。
 
初撮影の一枚はダメダメな一枚になりました。
 
シャッターはバルブに設定。
今度は明るすぎ。。。
 
初めて撮影してみて思ったのが、ピントを合わせるのが難しいこと。
 
どうやら打ちあがった瞬間にオートフォーカスでピントを合わせ、ピントが合ったらマニュアルフォーカスに切り替える、いわゆる「置きフォーカス」が有効らしいのですが、どうもうまくいきません。
 
結局満開時にマニュアルでフォーカスしました。その後は一切いじっておりません。
打ちあがる花火によってサイズも距離感もまちまちですので、ところどころピントが合っていないです。。
 
あまり凝っても仕方がないので、気軽に楽しむことにしました。
 
だんだんとシャッターのタイミングや時間がわかってきて綺麗な写真が撮れるようになってきました。
 
風が全く吹かず、花火の煙が流れなかったのが少し残念です。
片貝の花火は世界最大の四尺玉の打ち上げがメインで、一番の見どころです。
 
四尺玉の打ち上げは22:00~でした。
我々はというと、初訪問にもかかわらず、四尺玉を見ずに帰宅するという暴挙に。
 
帰り道が混むのだけは嫌だったので。。。
結局9時頃に満足して余裕をもって帰りました。
 
もしまた機会があったら混雑覚悟で見てみたいです。
 
久しぶりに浴衣を着て、夏祭り感を堪能できたのでヨシ。
 
 
 
やとし、


2023年9月13日 [水曜日]

イベント参加

ツールド妻有2023に参加してきました


体力にあわせて70/90/120kmの3コースから選ぶことができます


越後妻有の里山や棚田を自転車で巡りたい方におすすめです

今シーズンは長距離/日中/激坂を避けてのライドが多かったので完走できるか不安いっぱいのスタートです
わたくしの貧脚では途中で写真撮る余裕がありませんでしたがグループの方が最初のエイドステーションを撮影していました
こちらではよく冷えたプラム/いなり/茄子とピーマンの炒め物?が提供されていました
先が長いので途中で燃料切れにならないようしっかり補給させていただきました
各エイドステーションでたくさんおいしいものを頂きながら走ったのですが様子を撮る余裕がありませんでした
来シーズンは余裕をもって写真撮影の時間が取れるよう練習を重ねていきたいと思いました
当日は9時半くらいから気温がぐんぐん上昇して暑さでがっつり体力を削られていきました
コース半ばの苧島の峠(ガリガリ峠)を登ったところでアイスのガリガリ君を頂くことができます
今まで食べたガリガリ君で一番うまかった!
ガリガリ君の美味しい食べ方は
炎天下でしっかり身体を動かしてきっちり心拍数を上げてから食べる!
これでガリガリ君の本当のおいしさを引出すことができるのでお試しあれ
時間に追われていたので立ち止まりませんでしたが星峠の棚田はいつ見てもすばらしい
昨年練習に訪れた時の写真を貼っておきます
残暑が厳しい中でのイベントでしたがグループメンバー全員無事にゴールすることができました
スタート前と比べるとかなり疲れた感じのきむどんです
次は南魚沼グルメライド2023
今から楽しみです!
 
 
 
きむどん


2023年9月11日 [月曜日]

星のもとキャンプ場(後篇)

先日の8月末の星のもとキャンプ場にキャンプをしに行った続編になります。


 


内容が濃すぎて、書ききれなかった為続編とさせていただきます。

キャンプの続編になりますが、テント設営から、炊事まですべて子ども達の力で協力し合いながらしていました。
 
ハンゴウで炊くご飯も、おこげがうまい具合にできていて、子ども達も大人たちも大満足でした。
夜にはキャンプファイヤーをして、炎の色を変える粉をかけてみたり、8月末の湯沢町は既に気温が低く、炎を見ながら暖を取ったり、語ったりと、いろんな経験をしました。
 
寝る時は、関西人の元料理人のいびきがうるさすぎて、我が家で買って用意したテントには、いびきのうるさい関西人一人だけ残して、子ども達のテントで大人三人も加わり7人で寝ることにしました。
タイムテーブルの7時起床より早く、朝6時過ぎには目覚めて、子ども達はサッカーをしたり、走り回っている中、大人たちは朝食の用意。
 
食パンと、ハム、チーズ、マシュマロ、板チョコ、コーンスープを朝食として用意していましたので、子ども達にホットサンドを作ってもらいました。
 
朝食を終えて、各々遊び、9時半ころから片づけをはじめました。
片づけがなからになると、キャンプお疲れ様でしたの写真を撮り、キャンプDAY2の大仕事。
 
子ども達の思い出作りの第二弾。
 
「タイムカプセル」
 
の準備に・・・
 
我が家の子ども達(双子)は今年で12歳となります。と言いますのも、ハーフ成人式(10歳)のイベントとして、20歳の成人式の後みんなでタイムカプセルを掘り起こしてみてはどうだ?と親の僕が放った一言から、子ども達の同級生を集ってタイムカプセルを埋める計画を、子ども達が10歳の頃に言っていましたが、埋める場所や、埋める物や、声をかける子ども達の予定などから、今回行われることになりました。
 
まず埋める所は土地持ちの知り合いにお願いして、埋める瓶は100均で用意しました。
今回のタイムカプセルには、お題として、
 
・二十歳の自分への手紙
・今現在大事にしているもの
 
を各々用意していてもらい、埋める場所へ集まってもらいました。
子ども達がみんなで掘って、タイムカプセルの中に想いと物を詰めて、埋めてと、とても楽しそうにしていて、この企画も大成功だったのではないか?と思いました。
二十歳の成人式の後に、みんなで集まって掘り起こした時、過去の自分達の思い出を振り返って笑い合う子ども達が、想像以上に大人になっていることでしょう。
 
親たちのそんな思いを今回記事にさせていただきました。
 
本当に楽しくて、子ども達との距離も近づいたと思いますし、これから中学生、高校生、成人と成長していく子ども達に寄り添っていきたいと改めて思いました。予定していたタイムテーブルとほぼスケジュールが一緒で、唯一就寝時間だけが22時より3時間ほどずれただけで、大成功のイベントになったと思います。
 
 
ザキT


<<前のページ  最新 | 1  | 2  | 3  | 最初   次のページ>>


カレンダー

2023年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2023年9月のTOKOITE

カテゴリ~

投稿者

過去の記事

福わらい