2019年3月1日の記事

2019年3月1日 [金曜日]

土佐料理 祢保希(ねぼけ)日本橋店

今回の旅行の目的の一つ、この時期しか食せないごちそうをいただくためにこちらのお店に。

土佐料理 祢保希(ねぼけ) 日本橋店

地図を見る

研修旅行で、スタッフと丸の内店に伺って以来です。
以前の記事はこちら。

「い~らっしゃいませ~!」威勢の良い厨房からの声に迎えられて、奥の個室に通されます。

まずは、ビールで乾杯! くぅー! しみるー!
あらかじめセットされた敷物に九絵鍋のおいしい食べ方の説明が。
なるほど、成長する間に9回体の模様が変化すると言われたことでその名前がついたという説もあるそうです。

先付けです、酒盗等他は珍しくありませんが、真ん中これが「クエの皮煎餅」、ゴリゴリ、結構硬い。

ここで、「クエのひれ酒」をいただきます。

では、ひとくち・・・おぅ! 香ばしくて濃厚!
フグのひれ酒と比べると別物かな。ひれの大きさもさることながらとにかく味が濃い!
これは好みが分かれるところです。

「クエちり造り」です。うーん、良い歯ごたえ、美味しい!

お皿中央の右側が皮、その左が何と胃袋です。これがコリッコリ、良い触感!

そして「クエの唐揚げ」揚げたてアッツアツ、ブリッブリ、ジュワーと口中に旨味があふれます、これは美味い!
クエは火が入った方がよりその旨さが引き立ちます。

でかっ! 仲居さんがさばく前の、今食べているクエの写真を見せてくれました。
実際に釣る時の釣り針と骨も見せてもらい、その大きさを実感。

クエは美食家、アジ、サバ、カニ、イカ、などが主なエサ。
稀に伊勢海老やアワビを捕食することもあるそうです。
スっげ―贅沢、そりゃ美味しくなる訳ですね。

ここでmは白ワイン、私はいつもの芋焼酎に。
そしていよいよ本日のメイン、「天然活〆真クエ鍋」です。

だし汁が湧いたら、クエの身を入れます。

煮すぎないよう気を付けてゆずポン酢でいただきます・・・、うん、これこれ、うま~い!クエはやっぱり鍋が一番美味しい!
ものすごい歯ごたえ、噛むほどに旨味があふれて、はぁ~何とも、ヒデキ感激!

コラーゲンたっぷり、プルンプルン、この部位も好きです。あんなに大きくていかつい顔から、もっとぐにゃにゃで大味なのかと思いきや、弾力のあるとても旨味のあるその身には改めて驚きます。

そして〆はやっぱり雑炊!

クエの旨味、コラーゲンが溶け出しただし汁でつくる雑炊、うん、これは間違いない、絶品です。

デザートも甘すぎず、珍しく全部いただきました。
はぁ~、美味しかったー! ごちそうさまでした。


カレンダー

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

前の月  次の月

2019年3月1日のTOKOITE

カテゴリ~

投稿者

過去の記事

福わらい

土地・建物・アパート・マンション【ゆざわ商事】

株式会社 ゆざわ商事 新潟県知事(13)第1036号
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢1-1-7
TEL.025-784-3198  FAX.025-784-4678

新潟県宅地建物取引業協会
東日本不動産流通機構
賃貸不動産管理業協会

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
移住・住みかえ支援機構

JWord:ゆざわ商事