2019年7月の記事

最新 | 1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 最初   次のページ>>

2019年7月30日 [火曜日]

湯沢庵



少々前のことですが、お昼に越後湯沢駅の中の立ち食い蕎麦屋『湯沢庵』さんに行ってきました(^^)



湯沢庵
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢 主水 越後湯沢駅2階連絡コンコース

地図を見る

普段は、お弁当とか、夕飯の残り物的なモノをお昼に食べている私。
お昼ご飯にコンビニ弁当とか、外食とかあまりしないんですけど、珍しくお昼を持参しなかった為、立ち食い蕎麦な気分(*´▽`*)

弊社から越後湯沢駅までは徒歩で1~2分くらいですし、アーケードになっている為、とても便利です。

お店に到着~。

券売機にはSOBAとかUDONとか英語表記もされておりグローバルです。
あ、『トッピング』って『TOPPING』ってそのまんまなんですね(笑)

写真付きのメニューは外国のお客様には有難いでしょうね。

TORORO、TENPURA、はそのまま日本語と同じ。
WILD MOUNTAIN VEGETABLES(ワイルドマウンテンベジタブルス)=『山菜』(笑)
山菜か~(≧▽≦)

私が食べたい物を注文してから、待つこと数十秒で出来上がり!

どこで食べようかな~と、ふと奥の方に目をやると弊社のキムドンを発見。
結構な頻度で立ち食い蕎麦を利用しているキムドン。
冷たいとろろ蕎麦を食べていました。

さて、私はというと、
かき揚げ蕎麦のトッピングワカメです!
ワカメの量が物凄く多いです!ワカメ好きだから嬉しいなぁ。

ワカメとかき揚げの間からお蕎麦を引き上げて一気に食べます!

うんうん。美味しいです(´▽`)
ワカメが汁を吸収するようで、汁を全然飲んでいないのに、みるみる汁が無くなります。
食べ終わるころは、汁の無いお蕎麦を食べているような感じになりました。

ちょっとしょっぱく感じましたが、暑い日には良い塩分補給になっていいですね。
美味しかったです。
ごちそうさまでした~。



はちゃの



2019年7月29日 [月曜日]

フルムーン函館 その7

長い事お伝えして来ました函館の旅も、今回で私からは最終章。
楽しんだ観光の様子を、もう少しご紹介いたします!

人力車の後、丁度良い時間に観光遊覧船ブルームーンの運行があり、迷わずチケットゲットです♪

船内の席もありましたが、爽やかな天気がもったいない、船外の一番前を陣取り、景色と海風を楽しみます。

後ろの建物は二泊お世話になったラビスタ函館ベイです。

出発進行、先ずは二人で記念撮影 ⇒
三脚が無いので、デジカメを自撮モードで撮影する為、景色があまり写りませんが、後ろの山は函館山です。

はぁ~、気持ち良いなぁ~♪

間もなく海原にカモメの大群!
鳥類が大好きな私のテンションが上がります(喜)

種類は違いますが、海原に鳥と言う光景で「未来少年コナン」を思い出すのは私だけでしょうか(古)

船内にはガイドが流れます、右に左にガイドに合わせ景色を眺めます。
そんななか、タイミングを見ながらシャッターチャンスを逃しません!

良い距離間で函館山をバックに撮影できました♪

そして船上でも「はぁ~るばる来たぜっ函館ぇ~♪」
と繰り返し口ずさむ主人(笑)

次回は北島三郎記念館へ行こうと心に決めました!

非日常を体感し、色々な物が流された感覚になりました。

そして、最終日に足を運んだのが五稜郭です。
先ずは五稜郭タワーへ上がります!

タワー展望台からの眺めがこちら、綺麗ですねぇ♪
ここは絶対に来たかったんだ!
だって、分かり易く美しいでしょ~、お洒落(好)

で、おバカさんは高い所が大好き ⇒

ふざけるばかりではありません、事前調べでガイドさんによる歴史ツアーがある事を知り予約。
しっかりと歴史のお勉強も致しました!

主人は土方歳三さんのブロンズ座像と記念撮影 ⇒

私は念願の五稜郭をバックに記念撮影 ⇒

今度は実際に五稜郭内へ
どう、晴女っぷりの一枚です♪

この時期は藤の花が満開でした、美しい藤棚に目を奪われます(麗)

そして、2010年に復元された箱館奉行所を見学。
幕末の箱館開港により設置された江戸幕府の役所だったとの事。
ヨーロッパの城塞都市を参考にして西洋式の土塁を考案したとの事ですが、令和の時代にしても驚く個性と美しさ、当時の人々は本当に驚いた事でしょう(感)

でも、私は直径30センチほどのえび煎餅をくわえたカラスに夢中なのでした(謝)



2019年7月28日 [日曜日]

グアム挙式&旅行

どーも、仮称です^^

・・・社員旅行から戻ってきて12日後、僕はまたグアムにいました(*‘∀‘)笑

結婚してから一年と少し、挙式と新婚旅行と、どうせなら親孝行もかねまして、一週間のお休みを頂き、親を連れて行ってきました~(*'ω'*)

この青空と海にすぐ戻ってこられるなんて、サイコーに幸せです(*‘∀‘)
もうホントーにグアム大好きっっ!!

今回は
ハイアットリージェンシーグアム』に宿泊しました(*‘∀‘)
選んだ理由はチャペルが敷地内にあったからっ(*'ω'*)笑

こちらのチャペル
ジュエル・バイ・ザ・シー』はグアムでも人気のチャペル!!
2019年1月にリニューアルしたばっかりですので、めっちゃめちゃ綺麗でした(*‘∀‘)

・・・と、いうわけで、式も無事に終わりお食事のお時間です(*‘∀‘)笑

『パルマハムを巻いたフレッシュチーズ クリスピーブルスケッタとカポナータ添え』

なんとなぁく聞いたことあるような、そうでもないような名前が並びます( ゜Д゜)笑
ちなみに、ブルスケッタとはパンを焼き、ニンニクを刷り込ませた物、カポナータとは揚げナスの甘酢煮だそうです( ゜Д゜)笑

『カリフラワーのクリームスープ パセリオイル』

これはわかります!!(*‘∀‘)笑
そして美味しいっ!!
おかわりを頂きたいお味です♪♪

『海老とプラムトマトのリングイネ』

・・・リングイネはロングパスタの一種だそうです( ゜Д゜)笑
緊張していたのか、全然味を覚えてないですね(-ω-)笑
しかしながら、美味しかったのはわかります♪♪(*‘∀‘)

『ビーフテンダーロインのグリル 赤ワインソース』

お肉があればご機嫌な僕です(*‘∀‘)笑
欲を言えば、白ご飯と一緒に頂きたいところですが問題なし!!
美味しくいただきました(*'ω'*)

『ブルーベリーチーズケーキ』

かなり濃厚な味わいのチーズケーキ(*‘∀‘)
僕は大好きでしたが、両親達にはちと重かった様子(;^ω^)
無理して食べずに、僕に分けてくれればいいのに(-ω-)笑

美味しいお料理を頂いた後は、新婦による
『お母さんへの手紙』の朗読です(*'ω'*)
一番盛り上がるところです!!

嫁さまは
『読んでる途中で絶対、泣くっ!!』とずっと言ってましたが、そんなことはなく(-ω-)笑

お義母さんがとっても嬉しそうにされていたのが印象的でした(*‘∀‘)♪


つづく



2019年7月27日 [土曜日]

フルムーン函館 その6

人力車で函館観光を満喫し、ホテルの温泉で汗を流した後は、ディナータイムです♪
事前に函館の台所事情を調べつくし、選んだお店は「鮨処 美な味」さんです(楽)

鮨処 美な味(すしどころ みなみ)
〒040-0053
函館市末広町9-5
営業時間 午後五時半~九時半LO
定休日 月曜

地図を見る

北海道に上陸し、お寿司を食べないでは帰れません!
特に主人は大のお寿司好きです、期待に胸を膨らませ向かいます。
なんと、こちらもホテルから徒歩圏内(嬉)

スカッとしたシンプルで清潔感の漂う店内、好きです。
カウンター席で、「つまみ4品と握り十貫のおまかせ」の始まり。
最初は 『ヤリ烏賊』
小振りな身の中にゲソが詰められ程よい甘さのツメで提供されます。
イイですねぇ、乾杯のピールに合います!

『帆立』と『きじハタ』
何れにも焦げ茶の線が入っています、これは焼き串と言って、親方の声掛けでお弟子さんがその都度熱した鉄串をネタに焼き付ける技法です。
食感は生なのに、焼き串により僅かに鼻に伝わる香ばしさには驚きです。
感動の美味しさ♪

『渡り蟹』と『雲丹ご飯 白トリュフがけ』
ここでビールから白ワインへ

渡り蟹は地物との事、蟹のミソが濃いぃ~、うまぁ~い
白ワインと良いコンビネーションです!
雲丹ご飯、何でしょう?
感じた感想を素直に口にしていたら、親方は惜しげも無く何を隠し味に使っているか教えてくれます。
日々精進、美味しさを追求した努力の賜物です(感)

『鮑と蛸』
わぁ~い、主人の大好きな鮑も登場。
間違えない、シンプルですが絶妙な技で成すこの食感。
蛸も余分な水分を絞った、最後の一仕事により旨み倍増!

『白甘鯛』
へぇ~、白かぁ~、初めてかもしれない。
添えられたのは鱗を揚げたものですが、パリパリの食感は高級スナック菓子の様です。
甘い身は口の中でほろっと崩れる柔らかいもの。
良く出来た一皿でした♪

小振りな椀で提供されたのは
『ジュンサイの味噌汁』
ジュンサイはお吸い物のイメージが強かったのですが、お味噌汁とは思いつかなかったなぁ~
とても美味しく頂きました。

ここから握りのスタートです♪
『墨烏賊』
これは塩で提供されました。
イイねぇ~、こちらの酢飯(シャリ)は酢が強め、甘い烏賊と塩加減が絶妙!

『細魚』
これも主人の好物♪
旬の食材はなんでも美味しいのですが、そこに親方の一手間が入る事で磨きがかかります。

『中トロ』
今日の鮪は勝浦のものだそうです。
熟成された身はコクが増し、本当に感動の旨さ!
飲み込むのが勿体なく感じます(笑)

『鮪の漬け』
柵どりした漬けは脂ののった部位でしたが、写真は無いのですが、手渡しで『鮪の漬け巻』も提供されました。手渡しって好き、コミュニケーションが取れますからね♪

『ホッキ貝』
こちらは提供前に一炙り
ミルキーな甘味と酢飯、炙りの香ばしさがたまらん(感)

『小肌』
キラキラのボディーは見た目も美しく、時期が合うなら新子が食べてみたかったなぁ~

『金目鯛』
こちらも熟成物で焼き串が入ります。
癖になりますねこれ!

『車海老』
当然、ぷりぷり♪
私のは二つに切って提供せれました、店主の気遣いですね。

『穴子』
ふんわり炊かれた極上穴子
甘過ぎない仕上がりは私の好みでした!

本当に満足な夕飯になりました。
店主は気さくですが、近づきすぎない距離感と会話。
洗練された所作の美しさ。
お弟子さんも、笑顔の優しい実直な人。
是非機会があればまた伺いたいお店です(薦)
最後に燗酒をお願いしたら、高級珍味をご馳走してくれました。
本当に美味しい料理をご馳走様でした(幸)

満足な夕飯の後、向かったのは函館山!
この夜景を見に行って来ました ⇒
右手に津軽海峡・左手に函館湾、その間で煌めく夜景は驚くほど美しかった!
私達はロープウェイではなく、タクシーで山頂まで行きましたが、山頂に着くまで夜景は見えないので、展望台でいきなり目に入る壮大な夜景には本当に感動します(涙)
四季の顔を持つのでしょう、それぞれの季節に訪れたいものです。

mつづく



2019年7月26日 [金曜日]

フルムーン函館 その5

この様な場で旅行の出来事を紹介していると、写真を見ながら当時を思い出し、旅行の余韻に浸れ、とても楽しいものです♪
函館の旅行にもう少しお付き合いくださいませ。

それでは・・・
ホテルの朝食に大満足、二日目の予定は観光の本命『えびす屋』さんを利用して函館を堪能いたします!

以前までのネタはこちら
その12019/07/09
その22019/07/11
その32019/07/12
その42019/0713

こちらのスタート地点はホテルのすぐ側、金森赤レンガ倉庫エリアです。
今日の車夫は関川元太さんです、出発前の記念撮影 ⇒
笑顔の爽やかなイケメンさんですねっ!

人力車で颯爽と函館の街へ繰り出します。
滑らかに、心地よく、熟練されたプロの走りです。
「函館」を背中に背負っているだけあります(感)

程なく路面電車の通る十字街へ ⇒
写真右上のクリーム色の「市電操車塔」かつて市電のポイント切り替えに使われていたとの事、珍しいですねぇ

実は、えびす屋さんを利用するのは3箇所目、いつも分かりやすい説明で楽しく観光案内して頂いて、旅行に花を添えて下さいます。
そんな事で、すっかり甘えて下調べしなくとも、旅行を満喫できると味を占めたのです(笑)

坂道の多い函館、車夫泣かせだと思います。
額から汗が流れても、息を切らさず案内が続きます(驚)
国の重要文化財「東本願寺函館別館」の前で記念撮影です。写真の腕前もプロ!
日本初、鉄筋コンクリートで建てられた寺院なんですって、火事の多かった函館ならではですね。

写真が斜めに映っているのは、坂道な事と人力車と言う環境からでしょう。
それ以外にもこの建物(cafeやまじょう)、何か感じませんか?
1階和・2階洋の和洋折衷な外観です。
これは開港以来の文化で、遠くから眺めた時、目立つ2階部分だけ洋にすることで、入港する外国の人々にウェルカム感を出しているのだとか。

「大三坂」は石畳の雰囲気のある坂道です。
この元町地区はフォトジェニックな場所なので、歩いて散策しても楽しそうです♪

そして、人力車を降りて「カトリック元町教会」のまえでパシャリ
内部見学をしましたが、ゴシック様式の美しい教会は、何故か心を洗ってくれる気がします(純)
聖堂内部にはローマ法王から贈られた中央祭壇と副祭壇があります。
心の垢が落ちて、少し軽くなったかな?

さて、こちらは「チャチャ登り」
アイヌ語でおじいさんの意、急勾配なので上るのに腰を曲げておじいさんの様になるからだそうです。
車夫の元ちゃんに「家の地方ではチャチャは奥さんを意味するんですよ~」なんて話して盛り上がりました!

いよいよ到着したのは「八幡坂」
あまりに有名なので、この場所ぐらいは認識がありました。
テレビCMや映画などにも登場する有名な坂です!
やはり、美しい眺めですねぇ、道幅の広い坂道の下に港が見え、その先には山がある。
貴重な景観だと思います(美)

坂の両脇には街路樹としてナナカマドが並びます。
これは燃えにくい木、火事の多かった函館の工夫なんですって、紅葉するので秋は違う顔を楽しめるのでしょう♪

少し残念だったのが「旧函館区公会堂」が耐震補強や大規模な修理の為、こんな状況だった事。 ⇒
これも考え方です、次の楽しみとしましょう♪

目の前は「元町公園」
風を感じ、港が見えて気持ちが良いです
ゆっくり時が流れる、そんな気がします。

坂は続きます、左が「弥生坂」右は「常盤坂」
たくさんの坂道から、自分のベストを見つけるのも楽しいかも。
たかが坂、されど坂、結構個性があるんですよ♪

それにしても知識が豊富な元ちゃん、車夫さんにも個性がありますが、丁寧で安定した走り、誠実な対応の元ちゃん。
過去に乗せて頂いた二人の名前を伝えたら、二人とも繋がりがあるとの事、驚きでした!
指名をした事はありませんが、毎回良い車夫さんに巡り会え、本当にラッキーです(喜)

人力車は快調に進みます、外人墓地を抜けて静かなエリアに見えてきたのは「日本茶カフェ ティーショップ夕日」さんです♪
広がる紺碧の海原、贅沢な時間が過ごせそうです。
皆様、たまにはスマホから目を外し、景色を楽しみましょう!
そうすれば、ユーミンの様に「ソーダ水の中を、貨物船が通る~♪」なんて素敵な歌詞が浮かぶのでしょう。

2時間のコースもあっという間、市電の終着駅どつくエリアから海沿いに進み、エッこんなところを通れるの?
ってな穴場を抜けたりしながら、箱館丸(多くの偉人が乗船した幕末の帆船を復元)の前で撮影タイム ⇒
山に囲まれた湯沢に住まうと、こう言うベイエリアの開けた景色は新鮮です♪
海の青・空の青、贅沢な事です!

こちらは先に坂の上から臨んだ「八幡坂」を下から写したものです。
雰囲気が変わるものですね~
奥は函館山です、夜は夜景を見に行く予定です(楽)
そして、左手の建物は私の尊敬する北島三郎さんの記念館が入っているそうです、次回は足を運んでみようかな

最後のショットはこちら、目線までアドバイスして頂きました♪
毎回、期待を裏切らない接客に感謝しかありません。
皆様も旅行の際は是非ご利用ください、本当におススメです(真)

元ちゃん、有意義な2時間をありがとう御座いました。そして、変わらぬ健康と笑顔を願っています、ありがとう御座いました!

mつづく



最新 | 1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 最初   次のページ>>


カレンダー

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

前の月  次の月

2019年7月のTOKOITE

カテゴリ~

投稿者

過去の記事

福わらい

土地・建物・アパート・マンション【ゆざわ商事】

株式会社 ゆざわ商事 新潟県知事(13)第1036号
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢1-1-7
TEL.025-784-3198  FAX.025-784-4678

新潟県宅地建物取引業協会
東日本不動産流通機構
賃貸不動産管理業協会

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
移住・住みかえ支援機構

JWord:ゆざわ商事